食後高血糖(読み)ショクゴコウケットウ

デジタル大辞泉の解説

しょくご‐こうけっとう〔‐カウケツタウ〕【食後高血糖】

食後に血糖値が急上昇し、食事から2時間後に測定した食後血糖値が140mg/dlを上回る場合をいう。食後血糖値が200mg/dlを超えると糖尿病と診断される。空腹時血糖値が正常であっても食後高血糖である場合、動脈硬化が進行する可能性が高く、脳卒中心筋梗塞になるリスクが高まるため、「かくれ糖尿病」ともいわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食後高血糖の関連情報