飯尾彦六左衛門尉(読み)いいのおひころくざえもんのじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「飯尾彦六左衛門尉」の解説

飯尾彦六左衛門尉
いいのおひころくざえもんのじょう

室町時代末期,応仁の乱頃の京都の人。名は常房。尊円流から出た和様の書道の一派飯尾流の。応仁の乱後の荒廃した京都を詠じた「や知る都は野辺夕雲雀あがるを見ても落つる涙は」の作者として知られる。 (→飯尾氏 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android