コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯沼勝五郎 いいぬま かつごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯沼勝五郎 いいぬま-かつごろう

?-? 織豊時代の武士。
伊達政宗の家臣天正(てんしょう)18年(1590)父母と兄の仇(かたき)加藤幸助兄弟を討ったという。この事件を脚色して司馬芝叟(しば-しそう)が浄瑠璃(じょうるり)「箱根霊験躄仇討(いざりのあだうち)」をつくり,享和元年初演され,歌舞伎にもなった。名は基春。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯沼勝五郎の関連キーワード初花・勝五郎躄勝五郎牧野省三織豊時代伊達政宗

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android