箱根霊験躄仇討(読み)ハコネレイゲンイザリノアダウチ

  • はこねれいげん いざりのあだうち
  • はこねれいげんいざりのあだうち はこねレイゲンゐざりのあだうち
  • はこねれいげんいざりのあだうち〔はこねレイゲンゐざりのあだうち〕

世界大百科事典 第2版の解説

人形浄瑠璃。時代物。12段。司馬芝叟(しばしばそう)作。初演は1801年(享和1)8月4日(正本刊記による)。興行場所は不明。正本版元から京都または大坂上演か。翌9月京の亀谷座で歌舞伎に移された。人形浄瑠璃は,享和1年11月大坂道頓堀東芝居で再演(番付による)。この興行動向から,本作の好評ぶりがわかる。1590年(天正18)1月21日,飯沼初五郎が兄の敵加藤幸助を討った実説によるという。通称《躄仇討》《躄勝五郎》。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

人形浄瑠璃。時代物。司馬芝叟作。1801年初演。飯沼(躄いざり)勝五郎が兄の敵討ちをした実説によるという。足が不自由になった勝五郎は妻初花とともに敵滝口上野こうずけを討つために苦難するが、箱根権現の霊験によって足腰も立ち、本懐をとげる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。12段。司馬芝叟(しそう)作。1801年(享和1)8月初演という。翌9月京都で歌舞伎(かぶき)に移され、11月大坂道頓堀(どうとんぼり)東の芝居で再演。1590年(天正18)飯沼勝五郎(いいぬまかつごろう)が兄の仇加藤幸助を討った事件を脚色した作で、11段「阿弥陀寺(あみだじ)」から「滝」までが名高い。通称「躄の仇討」「躄勝五郎」。飯沼勝五郎は兄三平を殺した佐藤剛助を追って妻初花(はつはな)と流浪中、病のため足が不自由になり、箱根阿弥陀寺までくると、滝口上野(たきぐちこうずけ)と改名した剛助が待ち伏せしていて勝五郎の母を捕らえ、これを枷(かせ)にして初花を連れ去る。初花は上野を討とうとして返り討ちにあうが、その亡霊は夫のもとへ帰り、塔ノ沢の滝に打たれての祈念によって勝五郎の足は治り、のち首尾よく敵(かたき)を討つ。歌舞伎でも上演され、秋の箱根路を躄車(いざりぐるま)に勝五郎を乗せて引く初花の「ここらあたりは山家(やまが)ゆえ、紅葉(もみじ)のあるに雪が降る」の台詞(せりふ)が有名。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

浄瑠璃。時代物。一二段。司馬芝叟(しばしそう)作。享和元年(一八〇一)初演。座名は不明。同年大坂道頓堀東芝居で再演。歌舞伎でもすぐ上演された。天正一八年(一五九〇)飯沼勝五郎が兄の敵加藤幸助を討った実説によるという。病気で足がなえ、零落した勝五郎が女房初花の献身で箱根権現の利生を受け、滝口上野と改名した敵を討つ「箱根滝の段」が名高い。通称「躄(いざり)勝五郎」「躄の仇討」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
芝屋勝助
補作者
並木三四助 ほか
初演
享和1.9(京・亀谷座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android