コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田家義 いいだ いえよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田家義 いいだ-いえよし

?-? 平安後期-鎌倉時代の武士。
治承(じしょう)4年(1180)の石橋山の戦いでは平家方の大庭景親(おおば-かげちか)の軍にくわわる。源頼朝内応,のち御家人となり,富士川の戦いや正治(しょうじ)2年の梶原景時(かげとき)追討で功をたてた。通称は五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯田家義の関連キーワード鎌倉時代石橋山治承

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android