コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯盛鳳山 いいもり ほうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯盛鳳山 いいもり-ほうざん

?-? 江戸時代後期の儒者。
肥前武雄(佐賀県)の人。亀井昭陽,辛島塩井らにまなぶ。佐賀藩の重臣多久(たく)氏につかえ,学問振興に寄与した。天保(てんぽう)年間(1830-44)に61歳で死去。名は嘉満(よしみつ)。字(あざな)は子亨。通称は嘉弥太。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯盛鳳山の関連キーワード武雄逍遥儒者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android