飯盛鳳山(読み)いいもり ほうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯盛鳳山 いいもり-ほうざん

?-? 江戸時代後期の儒者。
肥前武雄(佐賀県)の人。亀井昭陽,辛島塩井らにまなぶ。佐賀藩の重臣多久(たく)氏につかえ,学問振興に寄与した。天保(てんぽう)年間(1830-44)に61歳で死去。名は嘉満(よしみつ)。字(あざな)は子亨。通称は嘉弥太。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android