コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井昭陽

デジタル大辞泉の解説

かめい‐しょうよう〔かめゐセウヤウ〕【亀井昭陽】

[1773~1836]江戸後期の儒学者。筑前の人。名は昱(いく)。南冥の長男。父南冥の跡を継ぎ徂徠学を奉じ、のち徂徠学に朱子学を取り入れた経学大成。著に「左伝纉考」「論語語由述志」「読弁道」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井昭陽 かめい-しょうよう

1773-1836 江戸時代後期の儒者。
安永2年8月11日生まれ。亀井南冥(なんめい)の長男。寛政4年家督をつぎ,筑前(ちくぜん)福岡藩儒となるが,10年免官。徂徠(そらい)学を基本に朱子学をとりいれて家学を大成。博学で知られた。天保(てんぽう)7年5月17日死去。64歳。名は昱(いく)。字(あざな)は元鳳。通称は昱太郎。別号に空石,月窟。著作に「論語語由述志」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かめいしょうよう【亀井昭陽】

1773~1836) 江戸後期の儒者。筑前の人。名は昱いく。南冥の長男。父の跡を継ぎ福岡藩校で子弟を教導。徂徠学の影響の強い経学を唱えた。著「論語語由述志」「蘐文談」「読弁道」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀井昭陽
かめいしょうよう

[生]安永2(1773)
[没]天保7(1836)
江戸時代後期の古学派の儒学者。南溟の長子。徂徠学を修め,古文辞にすぐれる。著書『左伝鑽考』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

亀井昭陽 (かめいしょうよう)

生年月日:1773年8月11日
江戸時代後期の古文辞系の儒者
1836年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の亀井昭陽の言及

【亀井南冥】より

…江戸中期の儒学者。名は魯,字は道載,通称道哉。南冥は号。筑前姪浜の人。僧大潮に儒学を,永冨独嘯庵に医学を学ぶ。1778年(安永7)福岡藩儒医に抜擢され,83年(天明3)西学問所学頭となったが,92年(寛政4)職禄を放たれた。学は徂徠学を奉じたが孔子を尊び,子の昭陽が大成して〈亀門学〉と称され西国に重きをなした。主著に《論語語由》《春秋左伝考義》《肥後物語》がある。【頼 祺一】…

※「亀井昭陽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亀井昭陽の関連キーワード中牟田淅江亀井雷首中村三蕉秋月橘門中村栗園玉木西涯二宮錦水山川東林生年月日亀井少琴松本古堂亀井少琹末吉捨介村上仏山青木元愷荒木一助飯盛鳳山広瀬旭荘高桑元吉毛利空桑

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android