コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飼付漁場 かいつけぎょじょう

1件 の用語解説(飼付漁場の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいつけぎょじょう【飼付漁場】

魚群の集まりやすい海底の礁の上に撒餌(まきえ)をして,回遊してきた魚群をそこにとどめておき,釣りまたははえなわで漁獲する。撒餌によって魚群をとどめておくところを飼付漁場,この漁場で行う漁業を飼付漁業という。ブリ,ボラなどを対象とする。餌としては冷凍のサンマ,サバ,イワシなどを用いる。和歌山県のブリ飼付漁業の場合,水深70~90mで周辺が砂地の高さ10~20mの底島や沈船のある場所で,例年ブリ群がよく来遊するところを選び,連日,中層に撒餌して,ブリ群をその底島付近に滞留させ釣りあげる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飼付漁場の関連キーワード漁礁集まり会座餌付き魚群仏会粉引き桑果海底の麻薬底魚(そこうお)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone