コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁期 ギョキ

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょき【漁期 fishing season】

漁業が成立する期間。それが成立するためには,対象となる生物がある密度以上存在するという自然条件と,生産した生物が採捕コスト以上の値で売れるという社会経済的条件の双方が満たされなければならない。がたくさんいても売れなかったり,遠くてコストがかかりすぎたりすれば,その魚を対象とする漁業は成立しない。魚をはじめ水生生物は一般に,季節的にまた成長段階に応じて大なり小なり回遊をするので,人間にとって採捕につごうのいい水域に,漁獲対象となる魚(以後,魚で水生生物を代表させる)がある密度以上になる時期は限られることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょき【漁期】

目的とする魚介類の漁獲に適する時期。りょうき。

りょうき【漁期】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漁期
ぎょき

有用な水産生物をとるのに適した時期をいい、「りょうき」ともいう。設定されている漁業あるいは漁獲物について、実際に漁獲しうる期間をいい、資源保護のために禁漁期が設定されている漁業では法的に漁獲が認められている期間である。漁獲対象となる水生生物は、一年中同じ割合でとれるわけではなく、ある時期に多量に漁獲されることが多い。その初期を初漁期、もっとも多くとれる時期を盛漁期、漁期の終期を終漁期という。一般に魚貝類は抱卵期が、海藻類は繁殖期が好漁期となる。また、漁期は種類あるいは漁業ごとに毎年ほぼ一定しているが、海況の変動などで多少のずれがある。たとえば回遊性の魚類では、地方によって漁期が異なり、サンマの例では北海道で8月、東北地方で9、10月、千葉県から静岡県地方では11月と漁期が南下する。また、ブリなどのように1年のうちに北上期と南下期の二度漁期となる地方もある。[吉原喜好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

漁期の関連キーワードベニズワイガニの資源回復策カニ(蟹)工船(漁業)県内の海産稚アユ採捕量トンレ・サップ[湖]クジラ漁とイルカ漁十和田湖ヒメマス県内のイセエビ漁赤岩の昆布番屋霞ヶ浦四十八津モエビ(藻蝦)国際捕鯨委員会中型まき網漁国際漁業条約手入れ焼海苔日ソ漁業条約カミナリウオ七塚[町]滑川[市]中型巻き網シロカジキ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漁期の関連情報