餡餠(読み)あんもち

精選版 日本国語大辞典の解説

あん‐もち【餡餠】

〘名〙 あんを中に入れた餠。また、あんで包んだ餠。あんころ餠。あんぴん。
※今井宗久茶湯日記抜書‐天文二三年(1554)正月二八日「菓子 白あんもち 牛房、にしめて」
※浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)上「のどにつまりしあんもちのあんに相違の顔付なり」

あん‐も【餡餠】

〘名〙 あん餠をいう幼児語。また、転じて、餠をいう幼児語。あも。
※雑俳・柳多留‐一二(1777)「下総はおかべむさしはあんもなり」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「坊は聞訳が能(いい)から御褒美をやりませう。餠(アンモ)がよかろ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android