コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

饒波川 のはがわ

1件 の用語解説(饒波川の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のはがわ【饒波川】

沖縄県沖縄島(本島)の島尻地区を西流する川。長さ14km。国場(こくば)川水系の支川で,島尻地区では長流の一つである。大里村平良(たいら)付近から東風平(こちんだ)町にかけては島尻層泥岩地帯の谷状低地を貫流し,豊見城(とみぐすく)村の饒波,高安で北流して国場川下流の漫湖に流入する。豊見城城跡南東の地点に架けられた石火矢(いしひや)橋はかつては那覇港への間道の橋で,1697年(元禄10)に5連の石橋に改造されたが,沖縄戦により破壊された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

饒波川の関連キーワード沖縄諸島沖縄島北大東島コザ本島沖縄本島山原糸満嘉手納

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone