コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石火矢/石火箭 イシビヤ

デジタル大辞泉の解説

いし‐びや【石火矢/石火×箭】

石または鉄・鉛などを飛ばして城攻めに用いた兵器。
近世初期に西洋から伝来した大砲のこと。
「江戸屋勝二郎というては―でも崩れまい」〈浄・淀鯉〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしびや【石火矢】

初め16世紀中ごろポルトガルから伝来した大砲〈仏狼機〉に対する呼称であったが,のち大砲一般の名称となった。銅発熕(はつこう),砲石西洋砲ともいう。火薬の力で大小の石,鉛,鉄製弾丸を発射する滑腔式大砲で,初めは後装式が多いが,17世紀から前装式が増える。青銅,シンチュウ,鉄などで鋳造され,砲架台車にすえられて使用された。射手が抱えて打つ場合には抱筒(かかえづつ)といった。弾丸重量は400~500匁(約1.5~1.9kg)から4~5貫目(約15~19kg)ほどで,3~4町離れた敵を倒すことができた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

石火矢/石火箭の関連キーワード長崎台場跡火矢・火箭興国寺城跡三木茂太夫城攻めおあん児玉琢国崩し饒波川砲術火矢元寇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android