石火矢(読み)イシビヤ

デジタル大辞泉「石火矢」の解説

いし‐びや【石火矢/石火×箭】

石または鉄・などを飛ばして城攻めに用いた兵器。
近世初期に西洋から伝来した大砲のこと。
「江戸屋勝二郎というては—でも崩れまい」〈浄・淀鯉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「石火矢」の解説

いしびや【石火矢】

初め16世紀中ごろポルトガルから伝来した大砲〈仏狼機〉に対する呼称であったが,のち大砲一般の名称となった。銅発熕(はつこう),砲石西洋砲ともいう。火薬の力で大小の石,鉛,鉄製弾丸を発射する滑腔式大砲で,初めは後装式が多いが,17世紀から前装式が増える。青銅,シンチュウ,鉄などで鋳造され,砲架台車にすえられて使用された。射手が抱えて打つ場合には抱筒(かかえづつ)といった。弾丸重量は400~500匁(約1.5~1.9kg)から4~5貫目(約15~19kg)ほどで,3~4町離れた敵を倒すことができた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android