馬上杯/馬上盃(読み)バジョウハイ

精選版 日本国語大辞典の解説

ばじょう‐はい バジャウ‥【馬上杯】

〘名〙 杯の一種。高坏(たかつき)に似て高台部が丈高になっており、そこを握って用いる。馬上で飲酒するのに適した形であるため、また、器の腰が高く馬上にいるようなのでこの名があるという。
故郷忘じがたく候(1968)〈司馬遼太郎〉「あわてて馬上杯を置き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の馬上杯/馬上盃の言及

【酒器】より

…宋代10世紀以後には酒の種類も著しく増加し,都市生活の繁栄とあいまって酒楼などで出す銀や陶磁の酒器も現在と変わらなくなる。特に目立つのは元以後,主として景徳鎮で作られた馬上杯と呼ぶ脚の長い盃で,白地に銅顔料の発色による赤いアブストラクトを浮き出させ,清酒の普及とともに広く愛好された。このほか口の大きい小型陶壺で中に湯を入れて上に盃をのせる保温酒器や,北方寒地で上にコーリャン酒などを入れ下にアルコールや度数の強い蒸留酒を入れて燃やす金属性の燗器,水筒形で酒鼈(しゆべつ)と呼ばれる偏提(へんてい)も中国的な酒器であろう。…

※「馬上杯/馬上盃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android