コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬上杯/馬上盃 バジョウハイ

1件 の用語解説(馬上杯/馬上盃の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばじょう‐はい〔バジヤウ‐〕【馬上杯/馬上×盃】

杯(さかずき)の一種。高台(こうだい)が高く、そこを握って飲むもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の馬上杯/馬上盃の言及

【酒器】より

…宋代10世紀以後には酒の種類も著しく増加し,都市生活の繁栄とあいまって酒楼などで出す銀や陶磁の酒器も現在と変わらなくなる。特に目立つのは元以後,主として景徳鎮で作られた馬上杯と呼ぶ脚の長い盃で,白地に銅顔料の発色による赤いアブストラクトを浮き出させ,清酒の普及とともに広く愛好された。このほか口の大きい小型陶壺で中に湯を入れて上に盃をのせる保温酒器や,北方寒地で上にコーリャン酒などを入れ下にアルコールや度数の強い蒸留酒を入れて燃やす金属性の燗器,水筒形で酒鼈(しゆべつ)と呼ばれる偏提(へんてい)も中国的な酒器であろう。…

※「馬上杯/馬上盃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone