コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司馬遼太郎 しば りょうたろう

美術人名辞典の解説

司馬遼太郎

小説家。大阪生。本名福田定一。大阪外国語学校(現大阪外語大)蒙古語科卒。産経新聞社に十三年間勤務。この間に同人誌『近代説話』に参加。忍者小説「の城」で直木賞、歴史小説『龍馬がゆく』で菊池寛賞を受賞。『国盗り物語』『世に棲む日日』『翔ぶが如く』など次々と雄大な構想と巧みな語り口で作品を発表している。芸術院会員。平成8年(1996)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しば‐りょうたろう〔‐レウタラウ〕【司馬遼太郎】

[1923~1996]小説家。大阪の生まれ。本名、福田定一(ていいち)。戦国時代幕末などの変革期に題材をとった歴史小説を数多く執筆。広い読者層を得て、昭和を代表する人気作家となった。「梟(ふくろう)の城」で直木賞受賞。他に「竜馬がゆく」「国盗(と)り物語」「坂の上の雲」、紀行文街道をゆく」など。平成5年(1993)文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

司馬遼太郎【しばりょうたろう】

小説家。大阪市生れ。本名福田定一。大阪外語大蒙古語学科卒。1943年学徒出陣。敗戦後,1961年まで《産経新聞》など新聞社勤務。1959年《梟の城》で第42回直木賞を受けた。
→関連項目永井路子

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

司馬遼太郎 しば-りょうたろう

1923-1996 昭和後期-平成時代の小説家。
大正12年8月7日生まれ。産業経済新聞社勤務中の昭和35年「梟(ふくろう)の城」で直木賞。36年作家生活にはいり,変革期の人物を題材に,「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「翔(と)ぶが如く」などの歴史小説を多数発表した。紀行「街道をゆく」のほか,司馬史観とよばれる日本論,日本人論もおおい。平成5年文化勲章。芸術院会員。平成8年2月12日死去。72歳。大阪出身。大阪外国語学校(現大阪外大)卒。本名は福田定一。
【格言など】智はときに深く秘せられねばならない(「新史太閤記」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しばりょうたろう【司馬遼太郎】

1923~1996) 小説家。大阪生まれ。大阪外語学校卒。新聞記者を経て、「梟の城」で直木賞受賞。戦国時代や幕末明治の変革期の人間を、綿密な資料に基づく独自な歴史解釈で描く。著「竜馬がゆく」「国盗り物語」「翔ぶが如く」「空海の風景」「韃靼疾風録」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

司馬遼太郎
しばりょうたろう

[生]1923.8.7. 大阪
[没]1996.2.12. 大阪
小説家。大阪外国語大学蒙古語科卒業。学徒動員で出征し,戦車隊の士官生活を経験した。新日本新聞社を経て産経新聞社に勤務,かたわら寺内大吉らと同人誌『近代説話』を創刊し,『戈壁の匈奴』 (1957) などを発表,『梟の城』 (1959) で直木賞を受けた。『風神の門』 (1961~62) など伝奇性に富む作品を多く書いたが,その後『竜馬がゆく』 (1962~66) ,『城塞』 (1969~71) などで史実をもとに現代的な解釈を加えた歴史小説の新分野を開拓した。ほかに,明治維新政府の抗争を軸に江藤新平の悲劇を扱った『歳月』 (1968~69) ,大村益次郎の生涯を描いた『花神』 (1969~71) ,秋山真之正岡子規らの人間群像を通じて明治日本の夜明けを描く『坂の上の雲』 (1968~73) などの力作がある。 1976年日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員。 1993年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

司馬遼太郎
しばりょうたろう
(1923―1996)

小説家。大阪市生まれ。本名福田定一。大阪外国語学校(現大阪大学外国語学部)蒙古(もうこ)語科卒業。1943年(昭和18)学徒出陣で満州(現中国東北地方)に出兵し、陸軍戦車学校を経て戦車隊に配属された。復員して産経新聞社(大阪)に入社し、文化部長、出版局次長を歴任して退社。この間、懸賞応募の『ペルシャの幻術師』が講談倶楽部(くらぶ)賞を受賞(1956)。翌年、寺内大吉(1921―2008)らと『近代説話』を創刊する。60年に伊賀の忍者を描いた『梟(ふくろう)の城』(1959~60)で直木賞を受賞したのを機に執筆活動に専念。1966年(昭和41)、坂本龍馬(りょうま)を描いた『竜馬がゆく』(1963~66)と、織田信長と斉藤道三を主人公にした『国盗(くにと)り物語』(1965~66)は、その新鮮な史眼が評価され、菊池寛(かん)賞を受賞した。続いて『殉死』(1967)が毎日芸術賞を受け、その後も秋山真之(さねゆき)を主人公に日露戦争を描いた『坂の上の雲』(1969~72)が話題となり、吉田松陰と高杉晋作(しんさく)を主人公にした『世に棲(す)む日日』(1969~70)などの作家活動で吉川英治文学賞を受賞(1972)。「高い視点からその人物を鳥瞰(ちょうかん)した」(『私の小説作法』)歴史小説は、特定の史観にとらわれず、「司馬史観」ともよばれ、新鮮な解釈で自在にかつ闊達に人物を描き、国民的人気作家となった。
 歴史に関する随筆、紀行も多数あり、『歴史と小説』(1969)では幕末の志士たちの思想と行動が語られ、1971年から週刊誌に連載して絶筆となった『街道をゆく』では国内のみならず、中国からヨーロッパにまで出かけた。対談集に『国家・宗教・日本人』(1996)、『日本人への遺言』(1997)など。1981年芸術院会員。83年に「歴史小説の革新」で朝日賞。1991年(平成3)日本中国文化交流協会代表理事に就任、同年文化功労者、93年文化勲章受章。2001年東大阪市に司馬遼太郎記念館開館。2000年に『司馬遼太郎全集』全68巻刊行。[都築久義]
『『司馬遼太郎全集』全68巻(1971~2000・文芸春秋) ▽『梟の城』(新潮文庫) ▽『竜馬がゆく』(文春文庫) ▽『国盗り物語』(新潮文庫) ▽『坂の上の雲』(文春文庫) ▽尾崎秀樹著『歴史の中の地図・司馬遼太郎の世界』(1975・文芸春秋) ▽文芸春秋編・刊『司馬遼太郎の世界』(1996) ▽NHK出版編・刊『司馬遼太郎について――裸眼の思索者』(1998) ▽関川夏央著『司馬遼太郎の「かたち」――「この国のかたち」の十年』(2000・文芸春秋) ▽向井敏著『司馬遼太郎の歳月』(2000・文芸春秋) ▽司馬遼太郎・井上ひさし著『国家・宗教・日本人』(講談社文庫) ▽司馬遼太郎・田中直毅ほか著『対談集 日本人への遺言』(朝日文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

司馬遼太郎の関連キーワード司馬遼太郎の功名が辻大阪府東大阪市下小阪アームストロング砲花咲ける上方武士道故郷忘じがたく候ペルシャの幻術師ひとびとの跫音十一番目の志士果心居士の幻術俄/浪華遊侠伝馬上少年過ぐ木曜島の夜会王城の護衛者豊臣家の人々最後の伊賀者真説宮本武蔵上方武士道韃靼疾風録菜の花の沖項羽と劉邦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

司馬遼太郎の関連情報