高坏(読み)たかつき

日本大百科全書(ニッポニカ)「高坏」の解説

高坏
たかつき

食物を盛る、ふっくり丸みのある容器であるつき()に高い脚をつけた1人用の食膳(しょくぜん)。高杯とも書く。その材質は土、木、竹、ガラス、金属などからなり、縄文中期に浅鉢に透かしのある太く短い付けの土器の高坏が現れ、弥生(やよい)時代には木製高杯が現れた。奈良時代の正倉院には白瑠璃(しろるり)(ガラス)高坏が残るが、主体は土器である。平安時代から室町時代までは貴族・社寺で用いられる木製漆塗り高杯が主流で、つきは平面で、原則として形は角(かく)と円(まる)の2種からなり、角を祝いのとき、円を略儀や通常の食事に用い、普通上面を朱漆、外側面・脚を黒漆に塗るが、全体朱漆塗りのものもある。また、『源氏物語』宿木(やどりぎ)の巻に紫檀(したん)の高杯が記され、蒔絵(まきえ)・螺鈿(らでん)で加飾したものもある。中央に高盛りの飯を置き、その周囲に菜をのせた食器で取り囲んで配しているのが、『伴大納言絵詞(ばんだいなごんえことば)』に描かれている。室町後期より茶懐石料理が普及するとともに折敷(おしき)が主流となり、祭器も三方にその地位を譲った。数(かず)をなんという。また高坏を逆さにして、底(土居(つちい))の上に火皿を置き灯台の代用にしていた。

[郷家忠臣]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「高坏」の解説

たか‐つき【高坏】

〘名〙
① 食物を盛る器。大きい坏(つき)の中央に高い脚をつけたことによる名称。古くは土製で、土高坏(つちたかつき)といった。時代が下るにつれ、坏の部分は平盤となり一般宮殿の調度として木製漆塗りが普及し、丸高坏のほかに角高坏もできた。たかすき。こしだか。
※万葉(8C後)一六・三八八〇「香島嶺の 机の島の 小螺(しただみ)を〈略〉辛塩に こごと揉み 高坏(たかつき)に盛り 机に立てて 母にあへつや」
② ①をさかさにして、その上に灯明皿を置いたもの。
※枕(10C終)一八四「たかつきにまらせたる御殿油なれば」

たか‐すき【高坏】

〘名〙 =たかつき(高坏)
延喜式(927)七「盞廿口、多賀須伎八十口」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高坏」の解説

高坏
たかつき

高杯とも書く。高い台のついた坏形の食器。高坏形の土器は縄文時代晩期に一般化し,弥生時代になると不可欠な食器の器形として定着し,木製のものも使用されるようになった。古墳時代にも土師器 (はじき) や須恵器の高坏が使用され,須恵器のそれにはふた付きもある。中国の (とう) ,ギリシアキュリクスにあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

食器・調理器具がわかる辞典「高坏」の解説

たかつき【高坏】

食物を盛るのに用いた長い脚の付いたうつわ。1本の脚の上面に円形または方形の皿が付いたもの。縄文、弥生時代には土器(どき)であったが、平安時代以降は漆器となった。蒔絵(まきえ)を施したもの、紫檀(したん)製のものなどがある。現在は仏前神前供物に用いる。角高坏が正式、丸高坏は略式とされる。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

百科事典マイペディア「高坏」の解説

高坏【たかつき】

高杯とも書く。〈こしだか〉とも。食物を盛る台。1本の脚の上面に丸または角の皿を付ける。古くは土器が多く,平安時代には木製漆塗などで略式の膳(ぜん)として使用され,のち一般に神仏の具となった。
→関連項目ガラス工芸新羅土器

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「高坏」の解説

たか‐つき【高×坏】

食物を盛る、高い足つきの小さな台。古くは主に土器であったが、のちには木で作り、漆塗りなどを施すようになった。かく高坏と丸高坏とがある。腰高こしだか。たかすき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「高坏」の解説

高坏
たかつき

食物を盛る器(坏)で,脚のついたもの
縄文土器では,台付土器と呼ぶ。縄文時代以来土器でつくられていたが,平安時代以後供膳のための木製品が多くなった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「高坏」の解説

高坏
〔長唄〕
たかつき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
久松一声
初演
昭和8.9(東京・東京劇場)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android