コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬乳酒 バニュウシュ

デジタル大辞泉の解説

ばにゅう‐しゅ【馬乳酒】

クミス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

馬乳酒【ばにゅうしゅ】

クミズ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ばにゅうしゅ【馬乳酒】

馬の乳を発酵させた乳の一。中央アジアやカフカス地方の騎馬遊牧民によって、古くから造られている。アルコール分は1~3パーセントと少ない。キルギス語でクミス、モンゴルではアイラグと呼ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

ばにゅうしゅ【馬乳酒】


馬乳を発酵させてつくる、わずかなアルコール分を含む微発泡性の飲み物。乳酒の代表的なもの。アルコール度数は2度前後。中央アジアモンゴル、コーカサス地方などの遊牧民族が夏期の栄養飲料としてつくり、日常的に飲む。保存性は高くない。◇中央アジアやロシアのチュルク語圏では「クミス」、モンゴルでは「アイラグ」という。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の馬乳酒の言及

【ウマ(馬)】より

…馬群の管理は男の仕事であり,かつては搾乳も男がしたらしい。今も馬具と同様馬乳酒製造容器はゲル内の男席(西)側に置かれる。雄馬は種用以外は4歳で去勢され,訓練を受けて牧畜,交通,駅伝,狩猟,戦闘に乗用される。…

【クミズ】より

…中央ユーラシアのステップの遊牧民の乳製品。クミス,馬乳酒ともいう。モンゴル人はアイラグairag,ツェゲーtsegeeという。…

【乳酒】より

…乳に含まれる乳糖を酵母で発酵させると,アルコール1%前後の酒ができるが,乳酸菌による乳酸発酵も併行しておこるため酸味を呈する。中央アジアの遊牧民族の間で古くから飲まれていた酒で,《隋書突厥伝(ずいしよとつくつでん)》(636)に馬乳酒を飲む風俗が記録され,唐代の詩人杜甫(712‐770)も〈山瓶(さんびよう)の乳酒青雲より下る〉とうたっている。カフカス山地のケフィール(ケフィア)は馬,羊,ヤギ,牛の乳にケフィールグレインと呼ぶある種の植物種子を加えて発酵させたアルコール性乳酸飲料である。…

※「馬乳酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬乳酒の関連キーワードドジョーギーン ツェデブキルギス語ナーダムゲル

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬乳酒の関連情報