遊牧民族(読み)ユウボクミンゾク

  • ゆうぼくみんぞく イウボク‥
  • ゆうぼくみんぞく〔イウボク〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 遊牧をしながら、移動して生活をする民族。中央アジア・イラン・アラビアなどの砂漠・草原並びにアフリカに分布する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

家畜とともに水とを求めて一定の地域内を季節的・周期的に移動する民族
北アフリカからアラビアをへてペルシア湾まで,また黒海北岸・カスピ海からモンゴルに至る草原乾燥地帯に広く分布して,独自の遊牧的文化圏を形成した。平時農耕民族交易を行うが,騎馬に長じた。しばしば略奪行為に出て,中央アジアのオアシス商業地帯と周辺の広大な草原地域を征服して,遊牧国家をつくることもある。匈奴 (きようど) ・柔然 (じゆうぜん) ・突厥 (とつけつ) ・ウイグル・モンゴルなどがその例である。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android