コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬形埴輪 うまがたはにわ

大辞林 第三版の解説

うまがたはにわ【馬形埴輪】

古墳時代の埴輪の一種で、馬をかたどった土製品。当時の馬具の装着がわかる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の馬形埴輪の言及

【形象埴輪】より

… 形象埴輪の起源について,《日本書紀》には,垂仁天皇の時に野見宿禰(のみのすくね)が人馬および種々(くさぐさ)のものの形の埴輪を作って陵墓に立て,殉死に代えたことにはじまると記している。しかし考古学的研究によると,形象埴輪としては器財埴輪や家形埴輪が先行して4世紀にあらわれ,鳥形埴輪がこれにつづき,馬形埴輪や人物埴輪はおくれて5世紀以降に出現したことが判明している。また,日本における形象埴輪の使用を,中国漢代に盛行した明器泥象(めいきでいしよう)の影響と考えようとした学者もあったが,中国の明器が墓中に納置するのにたいして,日本の形象埴輪は外部に露出して立てる相違があって,簡単に同一視することはできない。…

※「馬形埴輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬形埴輪の関連キーワード小幡北山埴輪製作遺跡境町歴史民俗資料館馬形埴輪(はにわ)障泥∥泥障仙道古墳古墳時代馬具埴輪

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬形埴輪の関連情報