コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形象埴輪 ケイショウハニワ

デジタル大辞泉の解説

けいしょう‐はにわ〔ケイシヤウ‐〕【形象×埴輪】

家・人物動物・盾などをかたどった埴輪総称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいしょうはにわ【形象埴輪】

古墳の外表各所に列置した素焼きの土製品を埴輪と総称するが,考古学用語としては,これをさらに円筒埴輪形象埴輪とに大別する。その場合の形象埴輪とは,各種の人工物自然物の形態をかたどった埴輪の意味である。さらにその対象によって細分すると,人工物をかたどったものに家形(いえがた)埴輪,器財埴輪があり,自然物をかたどったものに動物埴輪,人物埴輪がある。 形象埴輪の起源について,《日本書紀》には,垂仁天皇の時に野見宿禰(のみのすくね)が人馬および種々(くさぐさ)のものの形の埴輪を作って陵墓に立て,殉死に代えたことにはじまると記している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいしょうはにわ【形象埴輪】

人や物をかたどった埴輪。人物埴輪・器財埴輪・動物埴輪などに細分される。 → 円筒埴輪

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形象埴輪
けいしょうはにわ

埴輪」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

形象埴輪
けいしょうはにわ

円筒埴輪以外の生物や物をかたどった埴輪の総称。人物埴輪、動物埴輪、器財埴輪、家形埴輪などに分けられる。古く、家形埴輪が4世紀代に出現し、盾(たて)形埴輪、鶏(にわとり)形埴輪などがそれに続き、5世紀に人物埴輪が加わった。[橋本博文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の形象埴輪の言及

【埴輪】より

…表飾として古墳に樹立した土製品の一種。円筒埴輪形象埴輪とに大別する。円筒埴輪は筒形を呈し,外面に箍(たが)状の突帯を巡らせ,突帯間に孔をうがつ。…

※「形象埴輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

形象埴輪の関連キーワード茶臼山古墳二子山古墳〈愛知県〉小幡北山埴輪製作遺跡誉田白鳥埴輪製作遺跡八幡山古墳〈愛知県〉丸山古墳〈大阪府〉赤堀茶臼山古墳白石稲荷山古墳心合寺山古墳保渡田古墳群新田原古墳群ナガレ山古墳津堂城山古墳禁野車塚古墳前二子古墳芝山古墳群月の輪古墳月の岡古墳金蔵山古墳正法寺古墳

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形象埴輪の関連情報