コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三繋 さんがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三繋
さんがい

面繋 (おもがい) ,胸繋尻繋の総称。掛馬具 (かけばぐ) の一部分。革紐または裂紐で,馬具を馬体に装着させるもの。ウマの頭部につけて (くつわ) を保持するものを面繋,胸部から鞍にかけてつけるものを胸繋,鞍から尻にかけて掛けるものを尻繋という。奈良時代すでに革,組紐,織紐製のものがあり,また玉を連ねた玉三繋がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三繋の関連キーワード辻金具押掛け雲珠馬鐸杏葉唐鞍馬鈴

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android