コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三繋 さんがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三繋
さんがい

面繋 (おもがい) ,胸繋尻繋の総称。掛馬具 (かけばぐ) の一部分。革紐または裂紐で,馬具を馬体に装着させるもの。ウマの頭部につけて (くつわ) を保持するものを面繋,胸部から鞍にかけてつけるものを胸繋,鞍から尻にかけて掛けるものを尻繋という。奈良時代すでに革,組紐,織紐製のものがあり,また玉を連ねた玉三繋がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

三繋の関連キーワード押掛け辻金具雲珠馬鐸唐鞍杏葉馬鈴

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android