馬追虫(読み)ウマオイムシ

デジタル大辞泉の解説

うまおい‐むし〔うまおひ‐〕【馬追虫】

キリギリス科の昆虫。体長は翅(はね)の先まで2.8~3.6センチ。体は緑色で、背に黒褐色のすじがある。前脚と中脚のすねに長いとげがあり、他の昆虫を捕食。雄の鳴き声はスイーッチョと聞こえ、馬子が馬を追う声に似る。すいっちょ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うまおいむし【馬追虫】

バッタ目の昆虫。体長2~3センチメートル。緑色で頭胸部背面は褐色、触角は長い。雄は夏から秋にかけてスイーッチョンと澄んだ声で鳴く。本州以南に分布。ウマオイ。スイッチョ。スイト。 〔馬子が馬を追う声に鳴き声が似ていることからいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

馬追虫 (ウマオイムシ)

学名:Hexacentrus japonicus
動物。キリギリス科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android