コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常盤 ときわ

14件 の用語解説(常盤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常盤
ときわ

青森県西部,津軽平野南東部にある藤崎町東部の旧村域。 1889年若松村,徳下 (とくげ) 村,福島村,榊村の4村と合体し常盤村が成立。 1954年富木館 (とみきだて) 村と,2005年藤崎町とそれぞれ合体。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ときわ【常盤】[地名]

京都市右京区双ヶ岡(ならびがおか)の南西、太秦(うずまさ)の北の地名。左大臣源常(ときわ)の山荘があったという。[歌枕]
「秋来れど色も変はらぬ―山よその紅葉を風ぞかしける」〈古今・賀〉

ときわ【常盤】[人名]

常盤御前」の略称。

ときわ【常盤】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「常盤」姓の人物
常盤新平(ときわしんぺい)
常盤光長(ときわみつなが)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

常盤

没年:大永5(1525)
生年:文明4(1472)
戦国時代武家の女性。新納是久の娘。薩摩伊作城(鹿児島県吹上町)城主島津善久の妻。忠良の母。夫善久の死により,善久との間の子忠良への家督相続を条件に,田布施城(金峰町)城主島津運久と再婚。このとき家臣の誓紙も取り付けている。忠良の子貴久は島津本宗家に養子として入り,戦国大名島津氏発展の基礎を築いた。<参考文献>『薩藩旧記』

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ときわ【常盤】

愛知の日本酒。平成1~5、7、14、15年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。蔵元の「常盤醸造」は明和8年(1771)創業、平成21年(2009)廃業。蔵は名古屋市中川区戸田にあった。

ときわ【常盤】

沖縄の泡盛。酒名は、緑あふれる自然豊かな伊是名(いぜな)島の通称「常盤の島」にちなみ命名。新酒と古酒がある。原料はタイ米、黒麹。アルコール度数30%、40%。蔵元の「伊是名酒造所」は昭和24年(1949)創業。所在地は島尻郡伊是名村字伊是名。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

常盤

沖縄県、合資会社伊是名酒造所が製造する泡盛。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ときわ【常盤】

京都市右京区の地名。双ヶ岡ならびがおかの南西方に位置する。左大臣源常ときわの山荘があったことからいう。⦅歌枕⦆ 「秋くれど色もかはらぬ-山よその紅葉を風ぞかしける/古今

ときわ【常盤】

平安末期の女性。容色にすぐれ、初め近衛天皇の中宮九条院の雑仕。次いで源義朝の妾となって、今若・乙若・牛若(のちの義経)を生んだが、平治の乱で六波羅に自首、平清盛の寵を受けたという。のち藤原長成と再婚。常盤御前ごぜん。生没年未詳。

ときわ【常盤】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常盤
ときわ

青森県中南部、南津軽郡にあった旧村名(常盤村(むら))。現在は南津軽郡藤崎(ふじさき)町の東部を占める地域。2005年(平成17)藤崎町に合併。津軽平野の南東部を占め、大部分は水田単作地帯で、一部にリンゴ園がある。近年は養鶏、養豚が奨励されている。また水田を畑に転換して収益の多いスイカ栽培が行われている。旧村域の中央部をJR奥羽本線と国道7号が通過し、弘前(ひろさき)市に近く鶏卵を大量に供給する。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常盤の関連キーワード北海道札幌市南区常盤北海道札幌市南区常盤一条北海道札幌市南区常盤五条北海道札幌市南区常盤三条北海道札幌市南区常盤二条北海道札幌市南区常盤四条北海道札幌市南区常盤六条常盤〈村〉神奈川県鎌倉市常盤常盤町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常盤の関連情報