コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馴れ初める ナレソメル

デジタル大辞泉の解説

なれ‐そ・める【×馴れ初める】

[動マ下一][文]なれそ・む[マ下二]親しくなりはじめる。男女が恋する仲となる。
「此の源さまと―・めた所から、源さまは御勘当になりまして」〈円朝怪談牡丹灯籠

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なれそめる【馴れ初める】

( 動下一 ) [文] マ下二 なれそ・む
男女が親しくなりはじめる。恋仲となる。 「その浦の汐を汲む海女あまと-・めて/安愚楽鍋 魯文

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

馴れ初めるの関連キーワード魯文恋仲

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android