コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪談牡丹灯籠 カイダンボタンドウロウ

2件 の用語解説(怪談牡丹灯籠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいだんぼたんどうろう〔クワイダンボタンドウロウ〕【怪談牡丹灯籠】

人情噺(ばなし)。三遊亭円朝作。文久・元治年間(1861~1865)に成立。明治17年(1884)筆録、出版。「御伽婢子(おとぎぼうこ)」所収の「牡丹灯籠」をもとに、当時起こった江戸牛込の旗本騒動などを取り入れたもの。お露の幽霊が牡丹灯籠の光に導かれ、カランコロンと下駄の音を響かせて恋しい男のもとへ通う場面が有名。明治25年(1892)には歌舞伎化された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

怪談牡丹灯籠の関連キーワード塩原多助一代記文七元結三遊亭一朝三遊亭円橘(2代)三遊亭円生(2代)三遊亭円生(3代)三遊亭円生(4代)三遊亭円朝(2代)三遊亭円馬(2代)三遊亭小円朝(2代)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

怪談牡丹灯籠の関連情報