コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪談牡丹灯籠 カイダンボタンドウロウ

デジタル大辞泉の解説

かいだんぼたんどうろう〔クワイダンボタンドウロウ〕【怪談牡丹灯籠】

人情噺(ばなし)。三遊亭円朝作。文久・元治年間(1861~1865)に成立。明治17年(1884)筆録、出版。「御伽婢子(おとぎぼうこ)」所収の「牡丹灯籠」をもとに、当時起こった江戸牛込の旗本騒動などを取り入れたもの。お露の幽霊が牡丹灯籠の光に導かれ、カランコロンと下駄の音を響かせて恋しい男のもとへ通う場面が有名。明治25年(1892)には歌舞伎化された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

怪談牡丹灯籠
かいだんぼたんどうろう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

怪談牡丹灯籠の関連キーワード聞き済む・聞済む熱れる・熅れる目褄に掛かる抜き足・抜足大層も無い鯉口を切る丁丁・打打円刃・丸刃馴れ初めるもたつく使い早馬御伽婢子全くする勘弁強い憎っこい怖気立つ筋が悪い有り合い怖げ立つ御静まり

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怪談牡丹灯籠の関連情報