怪談牡丹灯籠(読み)カイダンボタンドウロウ

デジタル大辞泉の解説

かいだんぼたんどうろう〔クワイダンボタンドウロウ〕【怪談牡丹灯籠】

人情噺(ばなし)。三遊亭円朝作。文久・元治年間(1861~1865)に成立。明治17年(1884)筆録、出版。「御伽婢子(おとぎぼうこ)」所収の「牡丹灯籠」をもとに、当時起こった江戸牛込の旗本騒動などを取り入れたもの。お露の幽霊が牡丹灯籠の光に導かれ、カランコロンと下駄の音を響かせて恋しい男のもとへ通う場面が有名。明治25年(1892)には歌舞伎化された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

怪談牡丹灯籠
(別題)
かいだん ぼたんどうろう

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
怪異談牡丹灯籠
初演
明治25.7(東京・歌舞伎座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怪談牡丹灯籠の関連情報