コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪談牡丹灯籠 カイダンボタンドウロウ

デジタル大辞泉の解説

かいだんぼたんどうろう〔クワイダンボタンドウロウ〕【怪談牡丹灯籠】

人情噺(ばなし)。三遊亭円朝作。文久・元治年間(1861~1865)に成立。明治17年(1884)筆録、出版。「御伽婢子(おとぎぼうこ)」所収の「牡丹灯籠」をもとに、当時起こった江戸牛込の旗本騒動などを取り入れたもの。お露の幽霊が牡丹灯籠の光に導かれ、カランコロンと下駄の音を響かせて恋しい男のもとへ通う場面が有名。明治25年(1892)には歌舞伎化された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怪談牡丹灯籠の関連情報