コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駆梅療法 くばいりょうほうantiluetic therapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駆梅療法
くばいりょうほう
antiluetic therapy

梅毒の治療法を総括していう。最近はペニシリンを主体とする抗生物質が用いられ,ヒ素剤 (サルバルサンなど) や蒼鉛剤は副作用が強いため今日では使用されない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

駆梅療法の関連キーワード梅毒性大動脈炎頸部神経根炎中神琴渓混合下疳ゴム腫脊髄癆

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android