コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒井重勝 こまい しげかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

駒井重勝 こまい-しげかつ

?-? 織豊時代の武将。
豊臣秀吉・秀次の右筆(ゆうひつ)をつとめ,豊後(ぶんご)(大分県)などに約2万6000石を領する。慶長5年(1600)の関ケ原の戦いで西軍に属し,所領を没収された。秀次の右筆時代の日記「駒井日記」をのこす。通称は八右衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

駒井重勝

生年:生没年不詳
安土桃山時代の武将。通称は八右衛門。豊臣秀吉に仕え,天正19(1591)年には従五位下・中務少輔に叙任された。秀吉の甥秀次に付属させられ,吉田修理亮好寛,益田少将らと共に秀次の側近となり,右筆として秀次身辺の公私にわたる詳細な記録『駒井日記』を残している。また,秀次蔵入地の算用などを行っており,財政担当者でもあった。豊後国で2万5000石を与えられている。秀次失脚事件では連座をまぬかれ,以後は秀吉に直仕した。慶長5(1600)年の関ケ原の戦では,石田三成方となって伏見城攻撃に参加し,戦後,失領している。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android