駒井日記(読み)こまいにっき

世界大百科事典 第2版の解説

こまいにっき【駒井日記】

豊臣秀次の右筆駒井中務少輔重勝の日記。《駒井中書日次記》《文禄日記》ともいう。1593年(文禄2)閏9月~95年4月の17巻のうち,巻二,巻四,巻六~八,巻十七が現存し3巻ずつ2冊より成る。関白秀次および太閤秀吉の動静を詳しく伝えるとともに,関係文書を丹念に書き控えるなど,文禄期の政治史を知るうえで第一級の史料写本内閣文庫,東京大学図書館にあり,自筆といわれる断簡が竜谷大学にある。《改定史籍集覧》所収

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android