コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒代 こまよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

駒代 こまよ

永井荷風の小説腕くらべ」の主人公。
東京新橋の尾花家の抱え芸者。実業家吉岡を旦那にしているが,人気役者瀬川一糸(いっし)としたしくなる。吉岡が別の芸者を身請けし,また一糸との仲もつめたくなって,一時半狂乱になるが,尾花家の女主人が急死し,その跡をつぐ。小説は大正5-6年「文明」に連載され,7年刊行。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

駒代の関連キーワード買い馴染む永井荷風

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android