コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駕洛国記 からこっき

1件 の用語解説(駕洛国記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

からこっき【駕洛国記】

朝鮮古代の金海加羅国とその後の歴史を点描した高麗初期の歴史書。別名〈駕洛記〉。知金州事の金良鎰により1076年に編纂。《三国遺事》巻二所収の〈駕洛国記〉は,その抄録。この記事から11世紀の金海邑の邑祭では,始祖王の降臨神話や始祖王后の海洋渡航神話による神事が行われていたことが知られる。そのほか金海加羅国の歴史や新羅・高麗初期の金海邑の行政・経済関係の記事があり,地誌としても重要である。【井上 秀雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

駕洛国記の関連キーワード加羅五代史三国史記任那契丹国志古史ポリビオス加耶成田闘争の歴史を語り継ぐ動き蘇那曷叱知

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone