コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駕洛国記(読み)からこっき

世界大百科事典 第2版の解説

からこっき【駕洛国記】

朝鮮古代の金海加羅国とその後の歴史を点描した高麗初期の歴史書。別名〈駕洛記〉。知金州事の金良鎰により1076年に編纂。《三国遺事》巻二所収の〈駕洛国記〉は,その抄録。この記事から11世紀の金海邑の邑祭では,始祖王の降臨神話や始祖王后の海洋渡航神話による神事が行われていたことが知られる。そのほか金海加羅国の歴史や新羅・高麗初期の金海邑の行政・経済関係の記事があり,地誌としても重要である。【井上 秀雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android