コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駕洛国記 からこっき

世界大百科事典 第2版の解説

からこっき【駕洛国記】

朝鮮古代の金海加羅国とその後の歴史を点描した高麗初期の歴史書。別名〈駕洛記〉。知金州事の金良鎰により1076年に編纂。《三国遺事》巻二所収の〈駕洛国記〉は,その抄録。この記事から11世紀の金海邑の邑祭では,始祖王の降臨神話や始祖王后の海洋渡航神話による神事が行われていたことが知られる。そのほか金海加羅国の歴史や新羅・高麗初期の金海邑の行政・経済関係の記事があり,地誌としても重要である。【井上 秀雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

駕洛国記の関連キーワード金官国

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android