コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

驪竜頷下の珠 リリョウガンカノタマ

デジタル大辞泉の解説

驪竜(りりょう)頷下(がんか)の珠(たま)

《「荘子列禦寇から》黒色あごの下にある。危険を冒さなくては手に入れることのできない貴重なもののたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りりょうがんかのたま【驪竜頷下の珠】

黒色の竜のあごの下にある珠。危険を冒さなければ得られないもののたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

驪竜頷下の珠の関連キーワード驪竜

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android