高低アクセント(読み)こうていあくせんと

  • こうていアクセント カウテイ‥
  • こうていアクセント〔カウテイ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (アクセントはaccent) ある言語において、音の高低が語の意味を区別させていたり、その言語固有の音パターンを示している場合、その音の高低をいう。日本語のアクセントはこれに属する。高さアクセント。→強弱アクセント

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の高低アクセントの言及

【アクセント】より

…そのような特徴に関する,言語ごとに決まっている状態,体系をアクセントと総称する(ただし,文全体にかかわるものであるイントネーションは除外する)。
[高低アクセントと強弱アクセント]
 アクセントは言語によってかなり異なる。まず,いかなる音的特徴をアクセントの主要な実質として用いるかという点で一様ではない(また,強弱や高低等に有意味的差がなく発音される言語もあろう)。…

【音声学】より

…チェコ語では常に語の第1音節に強勢がくる。(2)音の高さに相対的な区別や変化がある場合に高さアクセント(高低アクセント)pitchが認められる。日本語では,橋[haʃi]と箸[ha̚ʃi]のように高さアクセントの位置の違いが語の意味を区別する。…

※「高低アクセント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android