高円宮妃久子(読み)たかまどのみやひ ひさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高円宮妃久子 たかまどのみやひ-ひさこ

1953- 昭和後期-平成時代,高円宮憲仁(のりひと)親王の妃。
昭和28年7月10日生まれ。東邦物産専務鳥取滋治郎の長女。英語通訳や翻訳者として活躍。昭和59年カナダ大使館のパーティーで憲仁親王と知りあい,同年暮れに結婚。日本学生協会基金名誉総裁,日本赤十字社名誉副総裁。承子女王,典子女王,絢子女王の母。ケンブリッジ大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高円宮妃久子の関連情報