コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高周波熱錬 こうしゅうはねつれん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高周波熱錬
こうしゅうはねつれん

金属加工メーカー。 1940年東亜無線電機として設立。 45年日本高周波重工業の傘下に入り,46年現社名に変更。 96年4月呼称をネツレンとする。高周波熱処理技術に強く,主として自動車向け製品を手がける。また主力製品で国内シェアトップを占める PC鋼棒は建築・土木向けとなっている。ほかに自動車向けに受託加工も行う。海外進出にも積極的で,韓国,台湾,マレーシアスウェーデンに関係会社をもつ。 95年高耐震性鉄筋など新技術開発のためのセンターを開設。売上構成比は,高周波焼入製品 60%,同加工品 24%,同電機 15%,その他1%。年間売上高 255億 6900万円 (連結。うち輸出8%) ,資本金 54億 2300万円,従業員数 687名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

高周波熱錬の関連キーワード大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎久松静児

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android