高塩素血症(読み)こうえんそけっしょう(英語表記)hyperchloremia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高塩素血症
こうえんそけっしょう
hyperchloremia

塩素過剰血症,高クロル血症ともいう。血漿中の塩素濃度が正常上限の 110mEq/lを上回った状態をいう。原因としては,(1) 過剰の食塩摂取,(2) 脱水症など体内水分の極端な不足,(3) 呼吸性アルカローシスを起す過呼吸症候群,(4) ネフローゼ慢性腎炎腎盂腎炎などによる腎臓からの塩素の排泄減少,(5) そのほかに利尿剤投与,クッシング症候群原発性アルドステロン症などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android