コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性腎炎 まんせいじんえんchronic nephritis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慢性腎炎
まんせいじんえん
chronic nephritis

急性腎炎から移行するほか,初めから慢性腎炎として発病するものをいう。ただ,長年にわたり病状が進行しないもの,完治してしまうものがあることがわかり,最近は一つの病気としてとらえるのではなく,症候群と考えるようになってきている。尿と血管系にまず特異な所見が現れ,尿量の減少,比重増加のほか,蛋白,各種の円柱細胞,尿細管上皮細胞,赤血球,脂肪体が尿中に発見される。血管系の症状としては,血圧の上昇,心不全などが認められる。続発性の萎縮腎に移行する例も多い。腎移植などの試みもあるが,特効的治療法は発見されておらず,対症療法が主である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慢性腎炎
まんせいじんえん

腎機能不全の一つ。慢性腎炎の本体は慢性糸球体腎炎であり、その組織を腎生検で調べると、本態性高血圧症、膠原(こうげん)病、糖尿病などの全身性疾患由来の糸球体疾患がしばしば混入しており、臨床的にこれらを鑑別することは困難な場合が多い。したがって、明らかに慢性糸球体腎炎と診断できるもの以外を「慢性腎炎」と漠然と表現することが慣用的に行われている。旧厚生省の慢性腎炎調査研究班では、慢性腎機能不全も対象に含めたが、これは、慢性腎不全の原因疾患として慢性腎炎がもっとも多く、約80%を占めたことによる。[加藤暎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の慢性腎炎の言及

【腎炎】より

…(2)診断と治療 診断は症状と,腎機能検査(糸球体ろ過量の低下),血液検査(好酸球増加,赤沈の促進),血清学的検査(血清ASLO価上昇,補体価の低下),眼底検査などの検査結果によるが,典型的な症状がそろえば比較的容易である。しかし,成人や老人など典型的な症状がないときには,慢性腎炎の急性の悪化,急速進行性糸球体腎炎など類似の症状を示す他の疾患と区別しにくい。 治療としては,安静(とくに発症後1~2週間),食事療法(食塩とタンパク質の制限など),感染巣の再燃を防ぐための抗生物質の投与などを中心とした薬物療法が行われるが,これらはすべて対症療法であり,特別の治療法はない。…

※「慢性腎炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慢性腎炎の関連キーワード膜性増殖性糸球体腎炎の診断基準(WHO分類、1977)ガル(William Withey Gull)二次性貧血(続発性貧血/症候性貧血)子どもに多い自己免疫疾患と対策無症候性たんぱく尿/血尿症候群続発性高血圧(二次性高血圧)腎炎を患った人の妊娠、出産腎炎症候群と糸球体腎炎膜性増殖性糸球体腎炎巣状糸球体硬化症ヴィダールの法則クロロキン網膜症ネフローゼ症候群腎疾患のQ&A慢性腎炎症候群多発性嚢胞腎トウモロコシIgA腎症慢性腎不全合併症妊娠

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慢性腎炎の関連情報