コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎盂腎炎 じんうじんえんpyelonephritis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腎盂腎炎
じんうじんえん
pyelonephritis

細菌感染によって腎盂腎杯系と腎実質炎症を起す疾患。起炎菌はグラム陰性桿菌が多い。妊娠,糖尿病尿路結石痛風,神経因性尿閉,留置カテーテルなどで誘発されやすい。急性症では,悪寒戦慄,発熱,全身倦怠感,頭痛,尿意頻数排尿痛腎臓部の疼痛などの症状が出る。慢性症ではこのように激しい症状はない。尿は通常膿尿で,細菌が証明される。治療には抗生物質を投与する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じんう‐じんえん【腎×盂腎炎】

腎盂炎のこと。また、特に細菌の感染による炎症が腎実質にまで及んだものをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じんうじんえん【腎盂腎炎 pyelonephritis】

尿路感染症の一つ。かつては腎盂炎ともいわれ,炎症が腎盂に原発して,腎臓の実質に及んだものを指したが,その後,腎臓の実質の炎症が腎盂に及んだものをも含めて,腎臓の感染性炎症を腎盂腎炎と総称するようになった。病原菌としては,大腸菌やクレブシエラKlebsiellaなどの腸内細菌が最も多く,緑膿菌変形菌がこれに次ぐ。これらの細菌は,血行を介して(血行感染),あるいはリンパ管を通じて(リンパ行感染)も腎臓に到達するが,最も主要な感染経路は,下部尿路から尿管を通しての逆行性感染である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腎盂腎炎
じんうじんえん

細菌感染による腎盂および腎実質の炎症をいう。感染が腎盂に限局される。腎盂炎の多くは、やがて腎実質も侵され腎機能が障害されるので、腎盂炎と腎盂腎炎は現在ではほぼ同義に扱われることが多い。また、上部尿路感染症も腎盂腎炎に関連した疾患である。[加藤暎一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

腎盂腎炎の関連キーワード除脂肪体重減少とお年寄りの予後急性腎炎症候群の原因となる病気続発性高血圧(二次性高血圧)産褥期の注意すべき症状と対策腎性高血圧/腎血管性高血圧尿路のしくみとはたらき腎盂腎炎(腎盂炎)腎結石/尿管結石腎疾患のQ&A膀胱尿管逆流症小児尿路感染症淋病(淋疾)急性腎盂腎炎膀胱尿管逆流慢性腎盂腎炎急性前立腺炎無症候性血尿膀胱造影法合併症妊娠急性膀胱炎

腎盂腎炎の関連情報