コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島正信 たかしま まさのぶ

1件 の用語解説(高島正信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島正信 たかしま-まさのぶ

?-? 江戸時代前期の武士,画家。
長宗我部(ちょうそかべ)氏の家臣。主家断絶のあと土佐高知藩主山内家につかえ,500石をあたえられる。狩野派にまなび,書もたくみであった。慶長6年(1601)から築城の高知城三の丸張付の絵や潮江(うしおえ)天満宮奉納の三十六歌仙画額の詠歌などをかいた。通称は孫右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高島正信の関連キーワード生駒利勝勝継木村亦次郎楠不伝死人小左衛門下元興宣雪林多賀左近寺村山川蜷川親長