コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高市大国 たけちの おおくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高市大国 たけちの-おおくに

?-? 奈良時代の仏師。
大和(奈良県)の人。大鋳師として国中公麻呂(くになかの-きみまろ),高市真麻呂らとともに東大寺大仏の鋳造にあたる。その功により天平勝宝(てんぴょうしょうほう)2年(750)正五位下にすすんだ。名は別に真国。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高市大国

生年:生没年不詳
奈良時代官人で,東大寺大仏鋳造作業の中心的人物。名は真国とも書く。大和国の人。天平19(747)年から始まった大仏の鋳造に大鋳師として従事し,その功により20年,外従五位下に昇り,連姓を賜った。天平感宝1(749)年に外従五位上,従五位上,2年に正五位下と昇進したが,それは大仏鋳造の節目ごとに,その中心として働いたことによって加階されたものと推定される。『東大寺要録』は,最終的に従四位下まで昇って東大寺の領掌となり,河内守も兼ねたと記している。

(橋本義則)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

高市大国の関連キーワード仏師

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android