コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高市大国 たけちの おおくに

2件 の用語解説(高市大国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高市大国 たけちの-おおくに

?-? 奈良時代の仏師。
大和(奈良県)の人。大鋳師として国中公麻呂(くになかの-きみまろ),高市真麻呂らとともに東大寺大仏の鋳造にあたる。その功により天平勝宝(てんぴょうしょうほう)2年(750)正五位下にすすんだ。名は別に真国。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高市大国

生年:生没年不詳
奈良時代の官人で,東大寺大仏鋳造作業の中心的人物。名は真国とも書く。大和国の人。天平19(747)年から始まった大仏の鋳造に大鋳師として従事し,その功により20年,外従五位下に昇り,連姓を賜った。天平感宝1(749)年に外従五位上,従五位上,2年に正五位下と昇進したが,それは大仏鋳造の節目ごとに,その中心として働いたことによって加階されたものと推定される。『東大寺要録』は,最終的に従四位下まで昇って東大寺の領掌となり,河内守も兼ねたと記している。

(橋本義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone