コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高師英 こうの もろひで

2件 の用語解説(高師英の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高師英 こうの-もろひで

?-? 南北朝-室町時代の武将。
高師有(もろあり)の子。高師秋(もろあき)の孫。鎌倉から京へでて,将軍足利義満の近習となる。応永11年(1404)から21年まで山城(京都府)の守護をつとめた。のち佐渡(新潟県)の守護になったともいわれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高師英

生年:生没年不詳
室町時代の武将。師有の子。土佐守。山城国,佐渡国守護。父師有は足利直義派に属し,観応の擾乱後,関東に下向して鎌倉府に出仕して,康安1/正平16(1361)年からほぼ2年にわたって鎌倉府の執事を勤める。ために師英は鎌倉にいたが,のちに上洛して応永11(1404)年から山城国守護となり,さらに土佐国の守護に補された。

(伊藤喜良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高師英の関連キーワード三淵宗薫安西景春菊池兼朝土佐光季土佐光輔土佐光周長尾房景細川勝益細川皇海山名勝豊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone