コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高師秋 こうの もろあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高師秋 こうの-もろあき

?-? 南北朝時代の武将。
建武(けんむ)の新政後,足利直義(ただよし)につかえる。暦応(りゃくおう)元=延元3年(1338)伊勢(いせ)守護となり,しばしば南朝方とたたかう。貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年従兄弟の高師直らと直義が対立したとき,直義方につく。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)で劣勢となった直義が北陸にのがれる際にもしたがった。初名は師顕。通称は太郎左衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高師秋の関連キーワード南北朝時代飽浦信胤高師英建武

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android