コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高帳 たかちょう

大辞林 第三版の解説

たかちょう【高帳】

江戸時代、天領の村高を記した帳簿。また、旗本の知行所・寺社領の石高を記した帳簿。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の高帳の言及

【高】より

…したがって分米と石高の意味する内容は同じであり,分米何石何斗といえば比較的小規模の部分石高を表し,高何石何斗といえばほぼ村高規模以上の石高を表した。郡村名や村高を列記した帳簿を〈高帳〉といった。村高に編入することを〈高に結ぶ〉あるいは〈高結(たかむすび)〉〈高入〉などといった。…

※「高帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高帳の関連キーワード小田原衆所領役帳正保日本図帳簿組織帳簿棚卸江戸時代計数管理商業簿記寺社領八戸藩知行所出羽国棚卸膳所石高天領旗本帳簿村高

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android