コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高昌故城 こうしょうこじょう

1件 の用語解説(高昌故城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こうしょうこじょう【高昌故城】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区のトルファン(吐魯番)市街から東に約45km、火焔山(かえんざん)南麓にある、かつての高昌国の王城の遺跡。高昌国は5世紀に、蘭州出身の漢人の麴氏一族によって建国され、640年に唐の太宗によって滅ぼされるまで、約140年間存続した国である。その後、9世紀末に唐の勢力が撤退すると、西ウイグルの高昌大王府が置かれたが、13世紀にモンゴルの遠征軍の攻撃に遭い、廃墟となった。◇高昌故城は東西1.6km、南北1.5kmの城塞都市で、日干しレンガにより建物が造られている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高昌故城の関連キーワード烏塁城焉耆回鶻和田烏魯木斉回疆哈拉和卓庫車哈密ハミ瓜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone