コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高昌故城 こうしょうこじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

こうしょうこじょう【高昌故城】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区のトルファン(吐魯番)市街から東に約45km、火焔山(かえんざん)南麓にある、かつての高昌国の王城の遺跡。高昌国は5世紀に、蘭州出身の漢人の麴氏一族によって建国され、640年に唐の太宗によって滅ぼされるまで、約140年間存続した国である。その後、9世紀末に唐の勢力が撤退すると、西ウイグルの高昌大王府が置かれたが、13世紀にモンゴルの遠征軍の攻撃に遭い、廃墟となった。◇高昌故城は東西1.6km、南北1.5kmの城塞都市で、日干しレンガにより建物が造られている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

高昌故城の関連キーワードベゼクリク千仏洞中央アジア美術カラ・ホージョアスターナ古墳交河故城

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android