コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高昌故城 こうしょうこじょう

1件 の用語解説(高昌故城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こうしょうこじょう【高昌故城】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区のトルファン(吐魯番)市街から東に約45km、火焔山(かえんざん)南麓にある、かつての高昌国の王城の遺跡。高昌国は5世紀に、蘭州出身の漢人の麴氏一族によって建国され、640年に唐の太宗によって滅ぼされるまで、約140年間存続した国である。その後、9世紀末に唐の勢力が撤退すると、西ウイグルの高昌大王府が置かれたが、13世紀にモンゴルの遠征軍の攻撃に遭い、廃墟となった。◇高昌故城は東西1.6km、南北1.5kmの城塞都市で、日干しレンガにより建物が造られている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone