コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火焔山 かえんざん

世界の観光地名がわかる事典の解説

かえんざん【火焔山】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区、トルファン(吐魯番)盆地の北端に長さ約100kmにわたって屏風(びょうぶ)のように連なる、平均海抜500mあまりの山脈。◇ウイグル語では「クズロダゴ」という。草も木も生えていない、荒涼とした赤い砂岩質の山で、山肌には細かな無数のひだがあり、日の光を浴びると、山並み全体が燃え上がっているように見えることから、火焔山と呼ばれる。トルファンからは北東方向にあり、市街から車で50分ほどの距離にある。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

火焔山の関連キーワードトゥルファン(吐魯番)盆地トゥルファン(吐魯番)地区ベゼクリク千仏洞ウイグル自治区アスターナ古墳高昌故城西遊記

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android