コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火焔山 かえんざん

1件 の用語解説(火焔山の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

かえんざん【火焔山】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区、トルファン(吐魯番)盆地の北端に長さ約100kmにわたって屏風(びょうぶ)のように連なる、平均海抜500mあまりの山脈。◇ウイグル語では「クズロダゴ」という。草も木も生えていない、荒涼とした赤い砂岩質の山で、山肌には細かな無数のひだがあり、日の光を浴びると、山並み全体が燃え上がっているように見えることから、火焔山と呼ばれるトルファンからは北東方向にあり、市街から車で50分ほどの距離にある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火焔山の関連キーワード烏塁城焉耆和田回疆哈拉和卓哈密葉爾羌ハミ瓜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火焔山の関連情報