コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松塚古墳壁画

1件 の用語解説(高松塚古墳壁画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高松塚古墳壁画

1972年に国内で初めて見つかった極彩色の古墳壁画で、「戦後最大の考古学的発見」とされる。直径23メートルの円墳(被葬者不明)の石室内の壁面に、「飛鳥美人」(西壁女子群像)、2013年撮影=や方角の守護神「四神」などが描かれた。文化庁は2004年、壁画の現状を撮影した写真集を作製。カビなどで劣化した様子を朝日新聞が報じ、問題が表面化した。同庁の調査検討会は10年、劣化原因について、同庁の保存・カビ対策の不備や監視体制の欠如など「複合的な要因」を指摘する報告書をまとめた。

(2014-03-09 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高松塚古墳壁画の関連キーワード初見江戸絵極彩色1%支援制度セントマザー産婦人科医院牛海綿状脳症(BSE)の発生状況山本作兵衛の炭鉱記録画BSEの全頭検査極彩色映画《極彩色娘扇》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高松塚古墳壁画の関連情報