コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高炉銑 こうろせんblast furnace pig iron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高炉銑
こうろせん
blast furnace pig iron

高炉 (溶鉱炉) によってつくられた銑鉄。現在生産される銑鉄は大部分が高炉銑で,製鋼原料のほか,鋳物原料,鋳型などに用いられる。熱源にコークスを使うのでコークス銑,または普通の生産方法によるため普通銑ともいう。その他の製法による低銅,低リン,フェロアロイ (合金鉄) など銑鉄中の成分元素や製法が異なるものを特殊銑と呼んでおり,おもに特殊鋼製造原料として使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

高炉銑の関連キーワード鉄鋼業砂鉄銑

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android