コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高祖保 こうそ たもつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高祖保 こうそ-たもつ

1910-1945 昭和時代前期の詩人。
明治43年5月4日生まれ。昭和2年百田(ももた)宗治主宰の「椎(しい)の木」に参加。17年刊行の「雪」で文芸汎論(はんろん)詩集賞を受賞。19年召集され,20年1月8日ビルマ(現ミャンマー)で戦病死。36歳。22年「高祖保詩集」が刊行された。岡山県出身。国学院大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高祖保の関連キーワード高祖 保乾直恵

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android