コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高規格住宅 コウキカクジュウタク

1件 の用語解説(高規格住宅の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

高規格住宅

住宅金融公庫の定める基準の中で、高水準の規格に適合した施工が行われる住宅の事。基準に適合した施工を行った住宅には、割増融資が受けられる。環境配慮型や提案型などのタイプがある。環境配慮型の在来木造一戸建住宅の場合の主な基準には、住宅の床面積は120㎡以上、居住室の天井の高さは240cm以上で、洋室の出入口の高さは190cm以上、基準金利適用住宅の耐久性基準を満たす、設備配管は取り替え及び保守・管理が簡易なもの、浴室、炊事室、洗面所等に給湯を行うことができる集中型の給湯設備を設置する、などがある。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高規格住宅の関連キーワード公庫住宅金融公庫金融公庫住宅金融公庫融資住宅等火災保険特約公庫団体信用生命保険特約公庫融資基準金利適用工事公庫併せ貸し住宅金融公庫融資省令準耐火構造建物

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone