給湯設備(読み)きゅうとうせつび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「給湯設備」の解説

給湯設備
きゅうとうせつび

工場や会社,家庭内の台所浴室,洗面所など必要な場所に温水を供給する設備。1ヵ所に温水ボイラを設け,必要個所に配管して給湯する方法と,瞬間湯沸器を設ける方法とがある。家庭用にはガス燃料とした瞬間湯沸器が多く用いられているが,最近は温水暖房用の温水ボイラに給湯用の機構を組込んで,配による給湯が次第に普及している。温水ボイラの熱源にはガス (都市ガスまたはプロパンガス) ,灯油電気などが用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「給湯設備」の解説

きゅうとうせつび【給湯設備 hot‐water apparatus】

湯を供給するための設備の総称で,加熱装置,配管,給湯栓,ポンプなどからなる。湯の供給方式は,湯を使用する個所ごとに加熱装置を設け,個別に湯を出す局所式(または個別式)給湯方式と,1ヵ所の加熱装置から配管により所要個所に給湯する中央式(セントラル式)給湯方式に大別される。中央式の給湯配管方式は,加熱装置と給湯栓の間の管が給湯管のみの単管式と,給湯管のほか,さらに配管内での湯温降下を防止するために,常時,湯を循環させる返湯管を設ける複管式に分けられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android