コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野派 こうやは

大辞林 第三版の解説

こうやは【高野派】

真言宗の一派。高野山金剛峰寺が総本山。1900年(明治33)高野派を公称。のち大覚寺派・御室派と合同して古義真言宗と称したが、46年(昭和21)高野山真言宗として独立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高野派の言及

【山の神】より

…また東北地方の山間部には熊などの獣を獲るまたぎと呼ぶ狩猟者がいた。彼らは冬季間に集団的に狩猟に従事するのであるが,日光派といって日光権現から狩りの許可を得たという由来を持つのと,高野派といって弘法大師から畜生済度の呪文(じゆもん)を得たというものとがあり,それぞれ極秘の巻物を伝えていた。また長野県の諏訪大社を本社とする諏訪明神を狩猟の神・山の神として信仰(諏訪信仰)する猟師が,中部地方を中心に分布している。…

※「高野派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高野派の関連キーワード鎌田 観応土宜 法竜小川 光義細井 宗一古義真言宗龍池 密雄竜池密雄菊川忠雄鎌田観応土宜法龍土宜法竜総本山御室派原心猛一派公称

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android