単称(読み)タンショウ

デジタル大辞泉の解説

たん‐しょう【単称】

簡単な名称。単純な呼び名。
1個の事物だけを言い表すこと。また、その名称。
論理学で、判断の主張が、主語の指示する唯一の事物だけにあてはまること。→全称特称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐しょう【単称】

〘名〙
① かんたんな名称。〔北史‐楊伝〕
② (━する) ただ一個の事物だけを言い表わすこと。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉三「薯蕷(やまのいも)は、古よりいもの名を、単称すといへども、自ら別種なり」
③ =たんしょうめいだい(単称命題)〔論理学(1916)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報